3000年01月01日

(1)ビデオオトスコープによる外耳炎の治療

◆◆◆

ビデオオトスコープの治療例をまとめてみました。

◆◆◆



実際の動画

(1)削除

(2)削除


(3)削除


(4)症例C 犬、耳の奥の鼓膜付近に毛が落ちて、そのに耳垢がついて感染になっていると思われたものの動画  


(5)削除


(6)削除


(7)症例E 犬、耳奥の鼓膜手前に毛が生えるタイプの犬がいます そこに汚れがついて慢性外耳炎が続いていた症例 下の白い膜が鼓膜です 手持ち耳鏡では鼓膜は観察できません


(8)症例E(上と同じ症例)耳奥の鼓膜付近の生えて毛を医療用鉗子にてつまんで除去(2回操作)しているところの画像


(9)症例E(上と同じ症例)耳奥の耳道に付いた耳垢をカテーテルにて水圧で剥がして洗浄しているところの画像 通常の耳の中に洗浄液を入れる➡耳をマッサージ➡耳を傾けて洗浄液を回収する方法よりも格段に耳の汚れが取れます。また、耳内視鏡先端からのカテーテルの耳洗浄だと外耳~鼓膜までの汚れをスクリーンで見ながら確実に洗浄できます。

結構、きれいになりました。その後の経過は、良好でした。


(10)症例F 犬、かなり酷い外耳炎、噛み癖があるのと耳の痛みから耳の洗浄が全くできないので麻酔をしてビデオオトスコープ療法を実施、耳洗浄する前の最初の外耳の状態を撮影した動画(耳道の汚れが酷すぎてほとんど観察できない最初の状態)


(11)症例F(上と同じ症例)カテーテルの耳洗浄にて外耳を洗浄中の動画

結構、きれいになりました。その後の経過は良好でした。


(12)削除

(13)削除


(14)症例G、犬、重度外耳炎 外耳に炎症性ポリープが多数あり非常に耳を痛がり耳の洗浄が全くできない症例なのでビデオオトスコープ療法を実施。外耳道には炎症性ポリープが多数存在し、ちょっとした刺激で外耳は出血を起こす状態でした。


(15)症例G(上と同じ症例)鼓膜はすでに無くなっており外耳炎から中耳炎がおきており非常に出血しやすいので低刺激性の洗浄液と止血剤入り洗浄液を交互に用いて耳道を止血しながら洗浄しているところの動画 


(16)症例G(上と同じ症例)耳道は出血はなく耳洗浄終了、予想された外耳の狭窄はひどくなかった / 外耳、中耳をある程度綺麗にしたところの動画

結構、きれいになりました。その後の経過は、良好でした。


(17)症例H 犬、重度外耳炎 耳ダレ状態、強い疼痛あり、鼓膜は既に破れており外耳炎から中耳炎になっており耳道の炎症は重度 / 外耳、中耳の観察は膿で確認できないので、数回耳洗浄をした後の耳道洗浄中の動画


(18)症例H(上と同じ症例)その後、耳道の炎症に注意しながら耳洗浄と耳道の毛をビデオオトスコープ側穴から専用鉗子で毛を抜いた後、再び洗浄中の動画

結構、きれいになりました。画面の耳道右側は大きく粘膜のタダレがありましたが、その後の経過は、細菌感受性検査で効果があると思われる抗生剤を2か月内服し、現在は1日1回の耳洗浄で経過良好です。

(19)症例i 猫、慢性外耳炎 鼓膜付近を撮影した動画
ビデオオトスコープで耳内を観察すると鼓膜は破れており耳垢と毛が中耳に入り込み中耳炎になっていた。


(20)症例i(上と同じ症例)鼓膜があった付近と中耳内の耳垢をカテーテルで洗浄している動画


細菌感受性検査で効果がある抗生剤が見つかっても的確に耳洗浄できないと治癒しません。耳の痛みで耳洗浄できない例や性格的に耳洗浄できない例では、最初にビデオオトスコープによりカテーテルにより耳洗浄で汚れなしの綺麗な状態にしてから効果のある抗生剤を投与すると治療効果はかなり大です。


当院では、ビデオオトスコープの処置中に撮影した15動画程度(1動画10~15秒)を必ず、飼い主の方に見て頂き、処置前、処置中、処置後の耳道の状態を確認して頂いております。
写真画像だけでは、状態の正確な把握はできないので必ず、処置後に動画での確認が必要です。



*別の動画閲覧サイト   http://www.samvet.jp/index.html#video



posted by sam at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(2)ビデオオトスコープによる外耳炎の治療

◆◆◆

(追加分)ビデオオトスコープの治療例をまとめてみました。

◆◆◆


(21)症例j 5歳シーズー、1年前から外耳炎の再発を繰り返す症例
今回、外耳炎が再発する原因を追及のためビデオオトスコープを実施しました。
ビデオオトスコープで観察すると耳垢と耳道全体にわたり毛が生えていて耳道を全く観察できず取りあえず
耳内視鏡先端からチューブを出して耳洗浄をはじめたところの動画


(22)症例j (上と同じ症例)耳内視鏡先端から鉗子を出して耳の深い場所の耳道に生えた毛を抜いている動画 奥の耳道は狭窄していました。

耳道の入り口からカテーテルで洗浄 → 内視鏡先端から出た鉗子で毛を抜く を繰り返して奥までにすすみました。

(23)症例j(上と同じ症例) ある程度洗浄して綺麗になったところの動画

耳全体に毛が生えるタイプの犬なので今後、継続的な耳の予防的な処置または、ビデオオトスコープによる毛を抜く管理が必要だと思われます。

(24)症例k マルチーズ×シーズーmix種、2年前から慢性外耳炎、感受性検査10項目で効果ある抗生剤なし 毎日の耳洗浄で取りあえず痒みのコントロールはできているが完治には至っていない。今回、検査目的でビデオオトスコープを実施。検査では鼓膜は破れてあり中耳炎を起こしていた症例。

耳の中は、毛と耳垢で汚れており耳道の奥に炎症生ポリープが確認できる。


(25)症例k(上と同じ症例) 画像の右側のは過去に破れた鼓膜の残りです。

破れた鼓膜の残りは鉗子で取り除きました。鼓膜を奇麗に取り除くと鼓膜は再生するケースもあります。また、炎症性ポリープはその鼓膜のあったと思われる部分よりも奥の中耳にあるようです。

(26)症例k(上と同じ症例) ポリープを避けながら耳道の毛を鉗子で抜いている動画(反対側の耳内)


(27)症例k(上と同じ症例) ある程度、綺麗になった状態での動画


この犬は事前に2回目の細菌感受性検査で効果のある抗生剤を見いだしておきました。
ビデオオトスコープ検査、処置後はその抗生剤を使用します。
尚、事前の細菌同定検査では3種類の細菌がありました。
posted by sam at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする